読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年収と貯金額を公開!お金を貯めるコツと節約術

このまま仕事を続けていても年収は伸びそうにない人へ!膨大なアンケートから見えてくる、仕事内容と年収のバランス、平均の貯金額を見てください。5年後、10年後を見据えて節約と投資生活絵生活を向上させませんか?

通信販売のスタッフで年収は300万、私の貯蓄方法と節約術

WEBサイトにて、電化製品や美容製品を販売するサイトの、運営アシスタントをしています。 年収は300万円前半~350万円くらいです。 残業時間の増減によって年収が変わります。


給料が上がったことは、ここ数年1度もありません。基本的には9時~5時ののんびりとした職場環境と仕事内容です。 

 

時たま新製品の発表時期などに残業がある程度です。

 

仕事内容はWEBにアップする写真の加工や広告バナーの作成、商品の発注など多岐に渡ります。


まさにザ、雑用というような仕事が多いです。

 


深い専門知識などは必要ないのですが、常に新商品に触れるため、多少の商品知識は必要です。


そして、最初のうちは覚えることが多くてつらいのですが、段々と慣れてきます。

 

室内で座って働けて、夏場の暑いときに営業で出歩いたり、雨の日に得意先回りをすることもありません。冬場も暖かい室内でパソコンの前でできる仕事なので、悩みは肩こりくらいです。


お給料が多いと思ったことは一度もありませんが、それなりに満足しています。
職場は既婚の男性社員が多いので、若い女の子は、早い子だと3か月くらいで辞めてしまいます。


刺激のある仕事内容ではなく、刺激のある男性もいないとなると、人によっては楽しい職場ではないのだと思います。

f:id:catchkun:20170221215929p:plain

貯蓄額300万の内訳を紹介します

 

現在の貯蓄額は約300万円です。 200万円は貯蓄預金にしています。 このお金は何か事故や病気にかかった時にしばらく暮らせるようにためています。


このお金に手を付ける気はありません。


残りの100万円ですが、普通口座に常に40万円ほど入れてあります。 この口座はクレジットの引き落とし口座でもあります。

 

急な出費にもそこそこ対応できるように、キツキツにならないように余裕をもって、
40万円くらい残高が常にあるようにキープしています。

 

残りの60万円は、株に投資しています。 株といっても、ほとんどが優待狙いの安全性の高そうな株をNISAの口座で運用しています。


本当はNISAの口座は1年に100万円程度株が購入できるので、もう少し節約して年間100万円程度株を購入していきたいです。

 

f:id:catchkun:20170221220002p:plain

確実に貯金額を増やすためのコツと工夫

 

貯金をふやすというか、確実に貯金をしていくには、先取り貯金が一番だと思います。
お給料の振込口座と貯蓄口座を分けて、毎月決まった額を貯蓄口座に引き落としをすることで、 継続的に一定額を貯金することができます。

 


そして、貯蓄口座のお金に手をつけない為にも、あまり無理な金額を先取り貯蓄に当てないことが大切です。先取り貯蓄をしたうえで、もし日々の生活で少しお金があまったら、それを貯金に回すくらいの方が心にゆとりが持てます。


一人暮らしで家賃を自分で払っている場合で、手取りのお給料が20万円だとしたら、2~3万円程度が先取り貯蓄にはちょうど良いとおもいます。


その先取り貯蓄を守った上で、節約をすればもう少しお金が浮くかもしれません。そのお金を数か月に1回貯蓄口座に回すくらいでよいと思います。


後は、普段の買い物をする際には3日分程度の献立を決めて買い物をしています。 以前は1週間程度の献立を決めて、作り置きのお総菜なども作っていました。

 


しかし、1週間分献立を立てていると、急な飲み会などに対応できなかったり、 食べたいものが変わってしまったりして、結局食材を無駄にしてしまうことがありました。


そして、1週間のまとめ買いだと荷物も多くなってしまい重労働で、お買い物自体も少し苦痛でした。


お刺身などの鮮度が大切なものが週に1度しか食べられないのも不満でした。 人それぞれだとは思いますが、3日程度が自分にはちょうど良かったようです。

 

後、外食や飲み会が続くとどうしても食費が高くなってしまうので、仲の良い友達とは家のみをする回数が増えています。


お互いの家を行き来することで、自然と家も片付きますし、料理の腕も上がります。
残り物でお弁当を作れたり、時間を気にしなくて済むのも良い点です。

次に