読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年収と貯金額を公開!お金を貯めるコツと節約術

このまま仕事を続けていても年収は伸びそうにない人へ!膨大なアンケートから見えてくる、仕事内容と年収のバランス、平均の貯金額を見てください。5年後、10年後を見据えて節約と投資生活絵生活を向上させませんか?

43歳で貯金は1500万、お金を貯めるコツと工夫

わたしは製造業の宣伝・広報、さらにはブランド行政までを管轄する部門に所属しています。 その中でもを担当しています。さらに細分化していくのですがその中でも全社プロジェクト なども含めて横串機能を果たすミッションを担っています。

 

実際には事業計画の策定、部課 長会議の運営も含めた部門内の調整なども行っていますがあくまでも、冒頭に記載した全社 プロジェクトの参画がメインになっています。

 

企業体として非常に大きいのでとにかく横連携、 大きな動きを調整することが非常に難しいところです。

 

もちろん、ブランドや宣伝をつかさど るだけにクリエイターやプロフェッショナルも多くさまざまな人種が集まる集団になっています。


給与面ですが、ボーナスによって大きく変わってきますが800万円から900万円の間になります。


もちろん、昇格などをはたせば年収ベースも増えてくることになりますが。ちなみに部門間での 給与差はなく、あくまでも格付け、そして査定によるボーナスの金額によって全社員の年収が 決まってくる仕組みになっています。

 

初任給に関しては学卒と院卒で差がありますが、一定年齢 たてば、それも格付けによって埋まる仕組みになっています。厳しい製造業にあってはかなり 恵まれた環境にあるのではないかと思います。

 

f:id:catchkun:20170223094339p:plain

貯金額1500万円の内容と内訳

 

現在の貯蓄額はわたしが今43歳になりますが、約1500万円になります。このうちわけ
です。入社以来自社株で少しずつためてきた持ち株、たまにおろすこともありましたが
結果的に今は500万円程度です。

 

次に定期預金や子供の学費ですぐに利用するための貯 蓄として約500万円。

 

そして、幸いなことに以前購入してすんでいた分譲マンションを 売却したことによって得た1000万円の売却益のうち、少しずつ取り崩していきましたが それでも約500万円が残っています。

 

正直、この売却益がなければ、家計に占める貯蓄が ほとんど確保できなかったといっても過言ではないといってもいいでしょう。将来への 備えはこれから子供の学費を一段落つけてから考えることにしています。

 

f:id:catchkun:20170223094432p:plain

貯蓄を増やすためのコツと工夫

実際に貯蓄を増やすために行っていることです。我が家の場合、とにかく子供の学費が非常に 重くのしかかる生計になっています。夫婦の老後の資金に関しても基本的には子供の学費が 一段落付いてからということにしています。

 

とはいえ、これからまだ8年間、次女の大学卒 業まで学費がかかってくることになりますので毎月少しずつでもその学費をためていく必要が あります。

 

まず節約術です。あまり無理はしたくないのですが新聞は定期購読を やめて、無料でフルの紙面がチェックできるアプリを利用。

 

これで毎月4000円の節約。さらに スマートフォンですが、家族4人で25000円かかっていたところ、格安SIMを活用して今は18000円 になりました。

 

毎月7000円の節約です。さらに食費に関すること。

 

毎日、ペットボトルをわたしも 娘たちも2本はもっていくことにしています。自宅で炊いたお茶です。これが非常に節約としては 大きく、15000円は水分でういているのではないでしょうか?

 

そして、わたしの昼食です。 

 

食堂を利用せず、お弁当を毎日作ってもらっています。これも毎月10000円程度の節約です。

 

これらを合計すると35000円程度の節約になっています。しかしながら、これ以上、無理な節約は 継続しないので無理はしません。もちろん、お風呂の残り水の洗濯への再利用などは行っていますが・・・。

 

次に貯蓄する方のプラスのインプットです。家内は子供優先ながら毎5万円近い収入があるパートに 出ていて、これは全て子供の習い事であるクラシックバレエにきえていきます。

 

逆にわたしの給料 以外のプラスとしてはアンケートサイト、クラウドソーシングなど家内と時間が空いた範疇で 作業できるものを取り組んでいて、これが以外に大きな収入になり、二人で何と5万円近くに なりました。

 

これが給与天引きの定期預金、自社株、貯蓄型保険以外で融通の利く貯蓄になっています。 

次に