読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年収と貯金額を公開!お金を貯めるコツと節約術

このまま仕事を続けていても年収は伸びそうにない人へ!膨大なアンケートから見えてくる、仕事内容と年収のバランス、平均の貯金額を見てください。5年後、10年後を見据えて節約と投資生活絵生活を向上させませんか?

年収400万で貯金は80万!リハビリ業界の実態と節約術

私は医療機関で専門職に従事する30代前半の男です。 現在の年収は420万円です。
以前、長時間労働の職場で勤務していた際には470万円ほどでしたが、残業による出費を差し引くと大きくは変わりません。


仕事内容はいわゆるリハビリという仕事になります。


体の動きや判断力が病気で低下してしまった方に運動や脳トレのような課題を行って頂き、より良い条件で退院して頂くための手助けをする仕事がリハビリの仕事になります。

 

f:id:catchkun:20170228092141p:plain


その他にも車椅子や食事など利用する方の環境を整備する事、医療機関内での研修会の機会や福祉機関との会議、書類の作成などの事務仕事も行います。


この仕事の給与面での特徴として、一般公務員の方や営業職の方に比べ新卒での初任給は同等か高い傾向にあります。


ですが、昇級は役職を上げて手当てを得ない限り緩やかな右上がりになっており、30代で同等、それ以降は逆転されていまいます。


景気に左右されにくい業界であるため仕方ない事ではあります。


さらに売り上げを上げても給与のアップにはつながらない業界でもあります。

 

給与アップを目指す方は1つの医療機関で身につけた技術を元に、より給与の待遇の良い職場へ移るか、規模の小さな職場へ役職を得て移るかする事で年収を上げていく業界でもあります。

 

貯金は何とか80万!研修費用でお金が消えていた

 

そんな医療機関で働く私の貯金額は現在80万円程度です。 貯金の形は普通口座に60万円と定期預金に20万円です。 貯金額は同年代に比べ低いと思います。

 

現在は結婚を控えており、そのための貯金を増やしている日々を続けています。 その理由には、20代の頃に車いじりや釣りを趣味にしていた事で浪費が多かった事。


年収アップの為の資格取得目的で関東や関西への研修に年3回は参加していた事にあります。


他にも奨学金の返済と古くなった趣味の車を将来性のある維持費のかからない新車に買い換えた事もありますが、主な原因は浪費と研修の費用がかかった事でしょう。


研修で得た資格は月10000円の資格手当となっており、職場を移る際にも収入アップにつながる資格でもあるため必要な出費であったと思います。

 

 

f:id:catchkun:20170228092218p:plain

私なりの貯蓄術を公開すると?

 

私が貯金を増やそうと工夫している方法は、当たり前の事ですが、

①収入アップと②無駄な出費を減らす事です。


①収入アップの方法
・クラウドソーシング
・本業に関連する副業

 

この2つになります。


クラウドソーシングは今まさに取り組んでいる収入アップの方法です。

 

職業柄ですが、調べて書く作業を20代の頃に多くこなさなければならない業界でもあります。

 

そのため、何かのテーマについて調べて記事を書き上げるクラウドソーシングでのライティング作業は、私にとって負担なく行える副業でもあります。


まだ始めてから3ヶ月程ですが、仕事が終わってからのほんの1時間以内の作業を毎日続ける事で1ヶ月で10000〜15000円は稼げています。


自慢できるほどの副業ではありませんが、年収が10数万円上がった事になります。
もう1つは本業に関連した副業です。


具体的には講演会の講師やアシスタントの仕事になり、講師ですと1時間1000〜3000円、アシスタントですと一律1000円程度稼ぐ事ができます。


②無駄な出費を減らす事では、貯金が増えない原因になっていた趣味は全て止めてしまいました。


趣味は趣味、自己満足にしかなりません。

 


今後子どもができた時に家族で楽しめる釣りを残して、車いじりやマリンスポーツなどは永久に封印する事にしました。

 

そして日々の節約です。

 

毎日2缶は買っていた缶コーヒーを家で入れたコーヒーを水筒に入れて持っていく事、飲み物は量販店でまとめ買いして持っていく事、弁当は前の晩の残りを詰めて持っていく事で1000円はかかっていた1日の飲食日を200円まで抑える事ができています。


幸い残業の少ない現在の職場に移ってからは、職場で午後から買う飲み物や小腹が空いてつまむ食べ物が減った事も節約につながりました。


まだまだ、収入アップと節約の途中ですが継続する事でコツコツと貯金を増やしていけると考えて続けています。

次に