読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年収と貯金額を公開!お金を貯めるコツと節約術

このまま仕事を続けていても年収は伸びそうにない人へ!膨大なアンケートから見えてくる、仕事内容と年収のバランス、平均の貯金額を見てください。5年後、10年後を見据えて節約と投資生活絵生活を向上させませんか?

年収は306万、貯金額350万の内訳と節約術を公開

私の年収は306万円で、仕事は地方の老人保健福祉士施設で介護福祉士をしています。今の施設で働いて5年になります。仕事の内容は主に通所や入所されている方々の介護業務です。

 

勤務形態はA勤務~W勤務と30分区切りで出金時間が決まっていてシフト勤務です。介護福祉士の資格に資格手当として5千円ついてます。

 

他にも早出勤務、準夜帯勤務、深夜帯勤務があり、早出勤務は一回2千円、準夜、深夜業務は一回4千円の手当がつき、一か月で4回の夜勤サイクルがあります。

 

例えば朝6時半から15時半まで仕事をして帰宅をして夜中の0時から朝の9時半までの勤務などです。

 

介護業務の内容としては、通所利用者の送迎、おむつ交換をして排泄記録、水分補給、体位変換、入浴介助、食事介助、衣類の洗濯、レクリエーションの準備実行、ナースコール対応、疥癬やインフルエンザにかかった入居者の隔離介助、腎臓透析や、持病の通院の付き添いなどがあります。

 

他にも職員として委員会活動があり、私は排泄委員を担当していて紙おむつとリハビリパンツのどちらがよいかなどの調査もしています。

 

カルテ記入なども業務の合間にします。入所対応や退所対応で利用者の家族の方たちからヒアリングをして利用者に必要なサービス計画をたてたりもします。

 

f:id:catchkun:20170301205639p:plain

年収300万で貯金額は350万!その内訳は?

 

現在私のメインバンクにある貯金額は350万円ほどです。若いころ大阪に住んでいてマンションを買っていたのですが結婚を機に地方へ引っ越ししたので、去年マンションを売却をしてローンを繰り上げ返済して最終的に残った金額です。

 

今はまだ普通預金にいれたままですが、確定申告と最後の固定資産税が払い終わったら定期預金に移そうと思っています。

 

他に貯蓄としては、60歳満期で払い込み終了とともに100万円返ってくる保険商品に入っています

 

月々生活費の中から5万円黒字になった分をゆうちょの普通預金に貯蓄をしています。こちらが現在67万円あります。

 

年に一度旅行をするためやイベントに使うお金は地方銀行に毎月1万7千円普通預金で貯蓄をしていて現在6万円程あります。

f:id:catchkun:20170301205840p:plain

少ない給料でお金を貯めるための節約術

私の給料が手取り17万で妻の障害年金としての収入が月12万円あります。夫婦でマイホーム建築の夢をかなえるため貯金を増やす努力をしていますがその方法として、保険料や家賃などの固定のもの以外の項目を徹底的に予算内で収めるように努力することです。

 

我が家では、まず食費は夫婦二人で朝昼晩すべてこみで2万円に抑えることにしています。

 

私の職場での弁当代も2万円に含まれます。食費を安くあげるコツは、高いマーケットではなく卸市場に行くことです。

 

高騰している白菜も100円で買えますし、ほうれん草も39円で購入しています。おやつも妻が手作りをすることで無駄なコンビニ通いを減らし、なんとなくなくなっていたお金をなくすことに成功しています。

 

光熱費も水道代5千円、電気代(オール電化なのでガス代はありません)1万5千円の合計2万円内に収まるように気を配っています。

 

携帯代も標準のデータ容量5ギガではなく2ギガに変更することで月々二人で15000円以内です。

 

固定電話やインターネット代金も携帯会社の割引がきく光コラボに入ることによって、加入してなかった月1万円の支出が月々4千円に抑えることに成功しました。

 

夫婦お互いの月のお小遣いは1万6千円で一週間を約4千円に決めています。一か月分を財布にいれるのではなくて、一週間分ずつ封筒に入れておいて期日がきたら財布にいれていくという形をとっています。

 

そうすることでお財布の残金のコントロールがとてもしやすくなります。レジャーやイベントに使えるお金は口座を別に作って生活費が崩れないように工夫しています。

 

我が家では月々1万7千円を予備費としておいてます。

 

大きなお金の運用としては、320万円を定期預金にあずけるときに妻の障害者枠で利用できるマル優を使うことで金利に税金がかかるのを抑えることを検討しています。

 

車の維持費も軽自動車に変えることで抑えています。

 

生活費の黒字が5万円なので、頑張ると年間60万とボーナスで使わなかった分40万円を加えて年間100万円の貯金が可能になりました。

次に