あなたの年収大丈夫?貯金額と節約術と運用方を教えます。

このまま仕事を続けていても年収は伸びそうにない人へ!膨大なアンケートから見えてくる、仕事内容と年収のバランス、平均の貯金額を見てください。5年後、10年後を見据えて節約と投資生活で生活を向上させませんか?

年収520万で貯金は700万稼ぐ現場管理の仕事と節約術

現在の仕事の内容は、建設業の現場管理を行っています。
建設業の現場管理は、建築工事の新築や増築、改修工事などに携わり、主に公共工事の建築工事の現場管理をしています。


基本的には新築工事が多いため、工事の規模にもよりますが工事期間は1年以上かかることも多く、もし会社よりも離れた場所での施工を行う場合は、その場所に別のアパートなどを借りて工事が終わるまですみ続けることになります。


建築工事で一番大変だと感じることは、やはり残業がとても多いことでしょう。

 

現場の施工に関する管理は単に実際の工事の内容を管理するというわけではなく、同時に書類の管理も行わなければならないため、どうしても忙しくなり残業がかさんでしまいます。


規模の大きな工事になると、一人での施工は管理上難しくなるため二人や三人で現場対応することも珍しくありません。


現在の年収は、520万円ほどです。年齢が38歳なので一般的な業種に比べて良い年収とも悪い年収とも言えないでしょう。


しかし、残業代金がかさんでしまう時期に当たってしまうと、年収が580万円ほどになることも珍しくありません。


残業代金により年収がアップすることは嬉しいことですが、残業がかさんでしまうことは体に大きな負担が増えてしまいます。

 

f:id:catchkun:20170304003352j:plain

 

貯金は700万で普通預金に回している

 

現在の貯金額は、700万円ほどです。 貯蓄の形は、基本的には全て銀行預金になります。


貯蓄とは別に、子供の学資保険に関するお金を別の銀行に200万円ほど入金しています。この200万円を毎月の学資保険に当てているといった方法を取っています。


今、アパートで生活を行っており、アパート代金が高いため貯蓄を大幅に毎年増やすことは難しくなっています。毎月の収入から貯金を増やすのではなく、賞与から貯金を増やすことを重視しています。


しかし、業績が厳しい年が続いていることで、賞与が少なくなってしまうため、想像していたように毎年貯金を増やすことができないのが現状です。


現在の貯金額は、ほとんどが結婚をする前に貯めていたお金です。将来的に必要な貯金を考えると、少し不安があります。

 

月単位で考えるのが貯金を増やすポイントです

 

年単位で考えるのではなく、できれば月単位で貯金を増やすことを考えるように努力しています。 


収入については、これ以上増やすことは難しいので、毎月出ていくお金を重視して貯金を増やす工夫を考えています。


今行っている方法として月々に固定費として出ていくお金の根本的な見直しを行うようにしています。

 

携帯電話については、格安SIMを家族で使用することで今までの携帯電話料金を大幅に節約することができるようになりました。月々の支払いで考えると、家族3人で1万円以上は節約できるようになりました。


また、電気代金についても節約を行っています。寒い時期はどうしても光熱費が高くなってしまいます。それぞれの部屋でエアコンなどを使用するため、朝と夜は確実に電気の使用量が増えてしまっています。


休日には家族でできるだけ同じ部屋で過ごすようにし、一つのエアコンの使用で留めるように努力をしています。また、夜中の電気代金を節約するために、できるだけ今までよりも1時間ほど早く寝るようにしています。


これだけでも今まで支払っていた月々の電気代金の30パーセントは節約できるようになりました。電気代金は節約術の基本だと考えていますので、さらに節約できるようにどうすれば良いか考えています。


そして、車のガソリン代金についても節約を行っています。

 

今までは近場でも車を利用して買い物に出掛けていましたが、極力歩いて買い物に行くことにしています。こうした方法を取り入れたことで、今までのガソリン代金の20パーセントほどを節約できるようになりました。


日々の生活の中で気付いたことを積極的に実行することで、まだまだ節約ができるポイントはたくさん見つかると考えています。

次に