読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年収と貯金額を公開!お金を貯めるコツと節約術

このまま仕事を続けていても年収は伸びそうにない人へ!膨大なアンケートから見えてくる、仕事内容と年収のバランス、平均の貯金額を見てください。5年後、10年後を見据えて節約と投資生活絵生活を向上させませんか?

年収300万で600万まで、お金を貯めるコツを3つ紹介!

わたしは宮崎県在住の30歳男性です。4年前に結婚し、現在は1歳になる息子が一人います。

わたしの年収は約300万円です。毎月の収入が20万円程度で、年に一度だけボーナスがあります。ボーナスは基本給(わたしの場合は18万円)の2.5ヵ月分と、それに加えて年度の会社の業績に応じた報酬があるので、だいたい50万円程度になります。

仕事内容ですが、現在は建設会社の営業職に就いています。建設会社と言いましたが、正確に言うと測量設計を専門とする会社で、主に地籍調査事業に関連する測量業務を行っている会社です。

 

わたしは営業職ですので、実際に現場に出て測量の作業をするわけではありませんが、その代わり取引先を定期的に回って状況報告や書類提出、またサービスの提案などを日々行っています。

わたしの会社の事業は、ほとんどが公共の建設事業の受託ですので、売り上げの急激な変動は少なく、自分自身の給与の面でも比較的安心できる状況です。

 

とはいえこの先、公共事業がどのような動向を見せるのかはわかりませんので、やはり長期的には会社としてもどのように事業展開していくかを考えなければ実績が伸び悩むおそれもありますし、個々の社員の収入もその悪影響を受けてしまいかねません。

いずれにせよ今のところは収入面でも恵まれているほうだと考えています。

f:id:catchkun:20170305161557j:plain

貯金は600万で保険と郵貯と普通預金

 

わたしの現在の貯金の状況ですが、基本的にわたしの収入と妻の収入を一つにまとめて我が家の全財産としていますので、そこには妻が得た収入も含まれているという状態になっています。なお現在の貯金額はおよそ600万円です。ただしこれには以下に挙げる普通養老保険は含まれていません。 


どのような形で貯蓄しているかというと、主に3つの方法があります。一つ目に、銀行の預金口座を開設して預金債権を持っています。

 

わたしの貯金の95パーセント以上は銀行の預金の形で持っています。二つ目に、かんぽ生命の普通養老保険に加入しています。

 

これは満60歳になると1,000万円受け取れる契約となっていますので、一種の貯金と考えることができます。

 

三つ目に、現金の形で自宅の金庫に保管している金銭および金券があります。これはほんの十数万円程度ですが、一応貯金と見なして保有しています。

 

私なりの節約術を3つ紹介します!

 

わたしは学生時代から何度もお金に困った経験がありますので、それなりに節約の術は身に着けてきたつもりです。

 

貯金を増やすための工夫として個人的に取り組んでいることが3つほどありますので、ご紹介します。

一つ目は、「売る」ことです。自分の持ち物のうち不要なものや、捨てようとしているもの、または押し入れに眠って長い間使わない物があれば、ゴミに出すのではなく必ずリサイクルショップなどで売却するようにしています。

 

洋服をはじめ日用品、文具、家具・家電、趣味で集めた物など、今はありとあらゆるものに何らかの形で買い手がいるものです。

さらに言うと、実際にリサイクルショップの店舗に足を運んで売ることもできるのですが、それよりもインターネット上で利用できるフリマサイトなどで売るほうが基本的に高く売却できるものです。

 

したがって少しでも収入を増やして貯金したければ、自分の持ち物をなるべくインターネット上で売るのが良いと思います。

二つ目の節約術は、クレジットカードを使うことです。わたしは10枚ほどクレジットカードを持っています。

 

カードを持つとお金を無駄遣いしてしまって逆効果になるのではと心配する方もおられますが、必ずしもそうではありません。

 

むしろカードを有効に活用すれば、買い物の時に割引サービスが利用できたり、ポイントを貯めてそれを別の買い物に使ったりすることができてお得です。クレジットカードはできるだけ作って持っていたほうがいいと思います。

三つ目の節約術は、給料を受け取ったらその日のうちに銀行口座に預金してしまうということです。

 

手元にお金があると、残念ながらつい使ってしまうものです。衝動買いしてしまう人や浪費癖がある人は特になるべく現金を持ち歩かないようにすべきです。

以上がわたしが心がけている節約の方法です。このおかげで、低い収入でも毎月貯金ができていると感じています。

 

もしだれかから節約のコツを聞かれたら、この3つの方法を教えてあげたいと思っています。

次に