あなたの年収大丈夫?貯金額と節約術と運用方を教えます。

このまま仕事を続けていても年収は伸びそうにない人へ!膨大なアンケートから見えてくる、仕事内容と年収のバランス、平均の貯金額を見てください。5年後、10年後を見据えて節約と投資生活で生活を向上させませんか?

40代の専業主婦が語る貯金の重要性!結婚当初から半額に減った理由とは?

40歳の専業主婦です。家族構成は、結婚13年目の子なし夫婦です。主人は、実家が営んでいる園芸業を手伝っています。

 

私は結婚5年目までは医療事務として病院勤めをしていました。

 

しかし病気を機に仕事を辞め今は専業主婦なので、私の年収はゼロです。主人の年収360万円で、すべての生活費を賄っています。現在の貯金額は500万円です。

 

結婚当初はそれぞれ独身時代に貯蓄していた貯金がそこそこあり、合計すると貯金額は1000万円近くありました。しかし、結婚準備などで200万円程使い、800万円まで減りました。

 

f:id:catchkun:20170605233425j:plain

共働きだと油断がでて貯金ができない


その後は共働きをしていたので、ある程度の収入があり、余裕のある生活を送ることができていました。旅行やレジャーなど、何かと贅沢に使っていました。そのため、共働きにしては貯金もかなり少な目で毎月3万程度しかしていませんでした。


しかも、家計を預かる私がかなりのどんぶり勘定なので、月によってかなり出費のバラつきが目立ちました。

 

税金などで出費が重なる月は、その3万円すら貯金しないこともあったのです。今思えばかなり酷いお金の管理をしていたと思います。


そこでさらに追い打ちをかけたのが、私の病気です。入院を機に仕事を辞めたので、主人の収入のみになりました。

 

しかし、それでも共働きしていた時のように生活レベルを落とすことなく過ごしていたのです。当然、収入が減った分、生活費も不足してきます。そこで、毎月の足りない分のお金は、貯金から少しずつ切り崩すようになりました。


その結果、貯金は増えるどころかどんどん減る一方になってしまいました。そして気づけば、いつの間にか結婚当初からすると、約半分の500万円にまで減ってしまっていたのです。

 

 


財布を握っている私が貯金の運用法など全く考えもせず、無計画に管理してしまったことが、貯金額を減らしてしまう結果になってしまったのだと思います。もっと将来のことを考えて、貯金を増やすようにしていくべきでした。

 

結婚当初から半額に減ってから現実に気づいた

 

さすがに貯金額が結婚当初の半分となった時点で、将来のことが不安になりました。そこで、私も出来る限り収入を得るように頑張り、家計を助けることにしました。


また、確実に貯金を増やしていくために、定期貯金をすることにしました。これなら毎月確実に貯まって行くので安心です。それを差し引いた額の中で、毎月の生活をやりくりしていくことにしました。


生活レベルを上げることは簡単ですが、下げることはなかなか難しいものがあります。しかし、収入に合った生活をしていかなければ、いつか破産してしまいます。

 

節約を心がけつつ、収入に合ったお金の使い方をしていこうと強く思いました。


まだアパート暮らしなので、家を建てる目標もあります。そのためにも貯金はもっと増やしていかなければいけません。

 

毎月の使える金額を明確にし、その中で上手くやりくりして、コツコツとしっかり貯金もしていこうと思っています。

次に