私は、35歳で現在の年収は180万円、貯蓄額はおよそ1,200万円です。住所は北海道札幌市です。家族は、父、母、姉、私で構成しています。

仕事は、ライター、ハンドメイダー、英語関連業務、WEB関連業務に従事しています。今回30代の貯蓄と資産管理ということで、私の生活をもう一度見直そうと思いました。

【 私の生活費の内訳 】

  • 親への生活費の手渡し…2万円
  • 健康食品代…月平均2万円
  • 英語・プログラム関連書籍代…月平均3,000円
  • その他の書籍代…月平均2,000円
  • パソコン、スマホ、周辺機器代…月平均5,000円
  • 食事代…月平均5,000円
  • 医療費…月平均5,000円

 

資産1200の内訳と資産運用方針

まず1200の7割は普通預金に入れています。私自身はリスクを好まないので、低金利だと分かりながらも銀行に預金です。

【預金関連】

  • 北洋銀行普通預金…130万円
  • 三井住友銀行普通預金…15万円
  • 西京銀行定期預金…700万円(年率1%)
  • 東京スター銀行普通預金…5万円
  • 東京スター銀行外貨預金…5万円(豪ドル)
  • 新生銀行普通預金…1,000円未満
  • ジャパンネット銀行普通預金…1000円未満

 

アクティブな運用は500万円ほどです。保険とファンドです。冒険はしていなので売り上げはそんなに多くないかもしれません。

【投資関連】
アクサ生命利率変動型定額部分付変額終身保険(通貨選択型)…250万円
ソーシャルレンディング会社クラウドバンクへの投資…158万円

【投資中のファンド】

  • 風力発電ファンド第184号8ヶ月
  • 償還予定日…2019-09-06、運用中金額…¥50,000、損益…21円
  • 中小企業支援型ローンファンド第434号6ヶ月
  • 償還予定日…2019-06-07、運用中金額…¥263,000、損益…1,245円
  • 太陽光発電ファンド第486号6ヶ月償還予定日…2019-06-07、運用中金額…¥56,000、損益…358円
  • 太陽光発電ファンド第451号10ヶ月 償還予定日…2019-10-07、運用中金額…¥380,000、損益…2,439円
  • 中小企業支援型ローンファンド第399号7ヶ月償還予定日…2019-06-07、運用中金額…¥340,000、損益…4,711円
  • 太陽光発電ファンド第409号5ヶ月償還予定日…2019-04-05、運用中金額…¥36,000、損益…448円
  • 太陽光発電ファンド第394号10ヶ月償還予定日…2019-09-06、運用中金額…¥440,000、損益…5,568円

 

30代から資産を増やすためにやっていること

資産を増やすためには、貯金に対する考え方を正しく理解する必要があります。まず、目指すべきは、「収入-支出>給与の2,30%」などと設定と自分で考えてみると良いかも知れません。

究極な方法としては、お金をいかにかけないかを自分なりに研究してみれば良いかも知れません。

例えば、仕事で使うものをできるだけ、書籍などを買わずに、インターネットで調査したり、スマートフォンのキャリアを大手3社(softbank, au, docomo)などに頼らずに、格安SIM会社と契約し、スマートフォン代を半額以上に抑えることができます。

また、パソコンやゲーム機、白物家電などは、バージョンの低いものを選ぶことで、半額以上節約することができ、また、世間の流行商品に頼らなくなる傾向になり、より節約意識を持つことが出来るようになるかも知れません。

また、去年は災害が数多く発生し、北海道全域で、ブラックアウトが発生しました。

北海道民や他県民は、電気に関して節約意識が高くなってきています。

最近買った商品としては、「太陽光蓄電池」です。初期投資として、太陽光パネルが20,000円でリチウム蓄電池が30,000円の計50,000円で再生可能エネルギーが利用でき、蓄電池には、400Wh分蓄えることが出来るものを購入しました。

これにより、スマホの充電台は、ほぼこれでまかなえる状態になり、元が採れる日がいつかやってくると思います。

また、ダイソーやCANDOなどのディスカウントストアで、なるべく経費をかけない節約の仕方も考えられます。また、WAONやTUTAYAカードなどのポイントをたくさん貯める方法を考えることでも節約意識が芽生えるでしょう。

車を辞めるとお金が貯まる!見栄は捨てて資産を増やそう

もう13年以上前の話ですが、大学生の時、車で通学した経験があり、北海道内のあらゆるところ、200km〜250km圏内のドライブを頻繁に行ったことがあります。

当時行っていたアルバイトは、収入源が低いものだったので、お金がなくなりかけたことがあります。

今思えば、それが自分の当時の趣味だったのですが、お金のかかる趣味はできるだけ避けたほうが良いでしょう。

首都圏に住んでいる方は、車はできるだけ所有せずに、公共交通機関を利用したほうが、経済的にも、環境的にも良いです。

また、どうしても車を使いたい場合は、格安のレンタカーなど検討して、できるだけ、自分の精神とお金の費用対効果を狙うのも節約意識が芽生えるでしょう。

車を所有するとしたら、車代、自動車税、メンテナンス代、駐車場台などあらゆるところにお金がかかると思いますので、過疎地は別として、若いうちは、自分の車は所有しないほうが良いと思います。

大体見栄で高級車を買ってしまうと出るもが増えて一向に資産が増えません。

首都圏の公共交通機関は、札幌と比べ物にならないほど充実している事が最近の旅行でわかりました。

千代田区や中央区、新宿区などは、一区画か二区画で次の駅になり、それを使わない手はないと考えられます。逆に車に乗ると高速代が半端なくかかり、首都圏のひとには車はオススメできません。

 

実際に私の周りには車を安いものに買い替えてから一気に資産が伸びた人が続出しています。30代になれば、そこまで他人に見栄を張らなくても楽に生きて行けると思うのです。

今まで無駄に使っていたお金を、投資の勉強に充てれば人生が充実していきます。私の目標は40代で2000万。50代で4000万。定年までに6000万ぐらいを貯めることです。

そうすれば複利でかなり食っていくことができるでしょう。あなたは何か準備をしていますか?

おすすめの記事