あなたの年収大丈夫?貯金額と生活水準と老後の話・・・

このまま仕事を続けていても年収は伸びそうにない人へ!膨大なアンケートから見えてくる、仕事内容と年収のバランス、平均の貯金額を見てください。5年後、10年後を見据えて節約と投資生活で生活を向上させませんか?

奈良で暮らす30代の女が年収200万の生活費と老後の計画を全部話そうと思う

奈良県在住の30代女です。家族構成は30代の主人と子供1人(2歳)、現在妊娠中なので4人家族になる予定

 

仕事は病院勤務の専門職(会社員)。子どもが小さいので時間短縮勤務をしていたけれど、今は産休中。主人は製造業の会社員。

 

現在の年収は200万円程度。主人の年収は450万円程度。月々保険料は家族全員と車を含め30000円位だが、車の保険の更新時期なので安い保険に切り替える予定。

 

我が家の生活費の現状について

f:id:catchkun:20180920183615p:plain

医療・生命保険は、家を建てる際に月々の支払額が家計を圧迫しすぎる為に以前より少ない額で保証金額が多くなるように組み換えた。

 

携帯電話は私は格安スマホで月1600円程度。旦那は以前は10000円越えであったけれど、携帯電話代が家計を圧迫するからプラン変更をするようにと促し、現在は月5000円程度。

 

キャリア携帯という安心感から抜け出す事が出来ずに格安スマホに乗り換えられずにいる。

 

住宅ローンは月々10万円程度でボーナス払いは無し。生活費は光熱費と食費、生活費を合わせて7万円以内に抑えるように努力している。

 

月々のお小遣いは家庭のその月の収入額の1割を夫婦で割った額。つまり5万円。

 

その他にかかるお金といえばETC、ガソリン、保育園料。私がフルタイム勤務であれば主人と同程度の収入が得られるので月々の支払いに住宅ローンが重くのしかかる事はないけれど、現在は時間短縮勤務であり、

 

しかも産休・育休に入ると手当金が貰えるとはいえ、時間短縮勤務時の給料の6割~半額しかもらえないので、2人目出産を終えてから職場に復帰するまでの間は生活費はマイナスになるのではないかと危惧している。

 

そんな生活の中で、現状住宅ローンに追われているために先10年ほどは老後のお金を貯める事はおろか養育費も貯める事ができるか心配している。

 

老後の心配はしているものの、今は住宅ローンの繰り上げ返済が一番近い目標で、税金が少なく済む住宅購入から10年の間に多くお金を貯める事、

 

貯めたお金を繰り上げ返済して月々の住宅ローン額を減らし、そのタイミングから養育費と老後の貯蓄を本格的に考えるようになると思う。

 

その為には、夫婦ともに健康でフルタイムで共働きし続ける事が必要だとおもうので、老後の貯蓄、今後の貯蓄を考えるうえで健康管理も最重要項目といえる。

 

新築購入が老後に向けての資産ミスを生んだ

f:id:catchkun:20180920183632p:plain

新築の注文住宅を購入し、気に入った土地が初期の設定価格より1千万円高く、月々の支払額も予定していた額を大幅に上回ってしまった為、月々の支払いがかなりの額になってしまっている。

 

その為、老後や子育ての為に貯蓄しようと思っていたお金が思うように貯まらないと思われ、今からお金の心配で頭が本当に痛い。

 

子ども2人はせめて高校までは公立で行ってほしいと思っているが、義務教育で無くなってからの学費や部活動やおけいこ事などお金がいくらあっても足りない状態になってしまうと思う。

 

まして大学や専門学校に行くとなると一気に莫大なお金が必要となることは目に見えている。

 

今の時代、大学卒業は当たり前、高校卒業が最終学歴では就職が難しいと思うのでせめて大学や専門学校には行かせてあげたいと思うし、

 

そうなったら学費を用意するには病気や事故にでも遭って保険料が下りないといけないのかなどと起こっては困る事をも想像してしまう。

 

子どもの学費もさることながら、主人の実家はお金を貯めるという事をあまりしていないので、もし病気になったり老後の生活となったら我が家が面倒をみなければならないのかととても不安に感じる。

 

主人の弟は30歳目前だけれどアルバイト同然の仕事をしていて収入は見込めないし、主人の妹は結婚しているものの働いていない上に妹の旦那さんも稼ぎがいいとは言えない。

 

そんな状態で、今のところ唯一子供がいる共働きの我が家が、義両親の老後の面倒まで見なければならないのかと思うとぞっとする。

 

自分たちの老後の備えも貯められそうにないのに、年金も少額しかもらえる見込みが無い中で、金銭感覚のくるっている主人の実家や主人の今までの生活歴が本当に憎くてならない。

 

老後に向けて今から準備していること

私は給料から天引きされる個人年金に入っているものの、現在収入が子どものいない頃に比べると6割程度となっている為、その額から個人年金にお金を割きすぎると生活費が少なくなってしまうので、大きい額を個人年金に入れる事もできないでいる。

 

保険は積み立てだと保障額が少なく月々の支払額が多くなってしまう為、掛捨てにしていて、老後にお金を貰える事はない。

 

私か主人が病気や働けなくなる等という事が無い限りはお金を貰える事はない状態。

 

今後も住宅ローンを支払い続けている限りはその状況が好転することは考え難いが、子どもが少し大きくなり、保育園料が安くなり且つ私がフルタイムで働けるようになったタイミングでどれだけお金を貯める事ができるか、

 

そこで子どもの養育費、住宅ローンの繰り上げ返済、老後の為の貯蓄が決まると思う。

 

子どもの学費が多くかからないうちで且つ私がフルタイムで働けるその期間に頑張る事が今後を左右するのだと思っている。

 

出来る限り長い期間正社員で働き続ける事、その為に細く長くでも仕事を続ける事。それが私にできる老後の対策なのだろうと思う。

 

主人の年収アップなんて他力本願な考えをしていても主人の月々の収入の方が私がフルタイムで働いていた時よりも少ないので、働くという選択肢しかない。

 

金銭感覚のまともな旦那と結婚しておけば良かった

f:id:catchkun:20180920183717p:plain

金銭感覚のきちんとした旦那とその家族を見極められればそれが一番だと思う。旦那は30歳まで実家暮らしで、会社員だったにも関わらず、貯金額はほぼゼロ。

 

デキ婚で結局結婚式を挙げていない我が家だけれども、主人の実家はきっと結婚式を挙げることになったとしてもお金を出す事なんてできなかったと思う。

 

なにせ、主人は実家暮らしで家に生活費月々8万円おさめていたそうだけれど、そのお金が息子の結婚の為にとかちょっと貯蓄しているわけではなく、全て使い切っていたようで、何かあってもお祝いのお金を大きく包むなんてことのないおうち。

 

家を建てるとか、結婚式など人生のイベントの時に少なくても親が子どもにお金を援助するのは当たり前だと私は思っていたので、とても驚いた。

 

そんな家庭で育ったうちの旦那はお金の管理なんてまるでできない。通帳や印鑑を30歳にもなって自分で管理していないしある場所もわからないありさま。

 

新婚生活をするにあたり通帳記帳をするように言うと記帳の仕方もわからない。

 

車は全額ローンで購入したと言って、利息がいくらかかるかもわかっておらず、繰り上げ返済したらいいと言ってもお金が無いという始末。

 

数学をやらせたらそれなりに出来て勉強の面で言えば馬鹿な訳ではないけれど、それを実践のなかで生かすことはできず、言われるがままに高い保険に加入し、ローンを組んでそれが当たり前だと思っている。

 

保険や携帯、車のローン等を見直す事でひと月の支払額がどれだけ少なくなったか。いままで社会人になってお金を稼ぎ始めてからどれだけ損をしてきたか、

 

そのお金があれば我が家のというか、私の貯金が家の頭金で数百万円も消えていかなくて済んだのにと憎くて仕方がない。

 

汗水たらして働いてためたお金が旦那の馬鹿な金銭感覚のせいで消えていくと思うと本当にイライラする。

 

これが年収200万の現実。老後はどう考えても暗い。